【玉ノ井親方 視点】重圧か…大栄翔動き止まる 残り3番は気力勝負

[ 2021年1月22日 05:30 ]

大相撲初場所12日目 ( 2021年1月21日    両国国技館 )

懸賞を受け取る大栄翔(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 正代とともに優勝争いをリードする大栄翔は、ここに来て大きな重圧を感じ始めているようだ。

 今場所勢いのある明生戦。立ち合いは五分だったが、先に引いてしまった。中日までは前に出ることだけに徹していて、そういう場面はあまり見られなかった。しかし、この日は相手を見てしまい、動きが止まるような感じがあった。

 その隙を明生に突かれた。左でいなされ右上手を深く取られると、土俵際まで追い込まれた。それでも、何とか左のかいなを返して上手を切り、突き落としで逆転勝ち。土俵際で俵つたいに、時計回りにあれだけ動くことができたのは、反射神経の良さだろうが、相撲内容は決して良くはなかった。

 千秋楽まで残り3番。初めての優勝争いで、今まで経験したことがないプレッシャーを感じていると思う。だが、ここからは気力勝負。結果よりもまずは目の前の一番に集中することだ。(元大関・栃東)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月22日のニュース