朝乃山 4敗後退、富山商時代の亡き恩師に白星ささげられず…

[ 2021年1月22日 05:30 ]

大相撲初場所12日目 ( 2021年1月21日    両国国技館 )

照ノ富士に寄り切りで敗れた朝乃山(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 朝乃山は照ノ富士に寄り切られ、トップと2差の4敗に後退した。立ち合いで狙った左前みつをつかめず、逆に左上手を許して元大関のパワーに屈した。

 「どうしても先に上手を取りたかった。がっぷりになると、あっちが有利。下から下からと意識したがダメだった」と意気消沈。これで対戦成績は4戦全敗となり、綱獲りを目指すには何か対策を講じる必要がある。この日は富山商時代の恩師で17年1月に40歳で他界した浦山英樹さんの命日。白星をささげられず「悔しい」と漏らした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月22日のニュース