ルールぎりぎりの高初速で”快心の一撃”を実現する1W

[ 2021年1月22日 05:30 ]

つかまりが良く高弾道を実現する「RS DRIVER」
Photo By 提供写真

 プロギア「RS5」シリーズの1W3モデル(各税別8万円)が好評発売中。

 ゴルフを真剣に楽しむアマチュアゴルファー向けの同シリーズをフルモデルチェンジし、ギリギリの飛びに「快心の一撃性能」をプラス。叩ける強弾道の「RS F DRIVER」、つかまりが良く高弾道の「RS DRIVER」、「RS DRIVER」の飛びに振りやすさとやさしさをプラスした「RS+ DRIVER」というラインアップだ。

 前モデルのSLEルール適合内ギリギリの高初速性能を踏襲しながら強芯ポイントを加えた「W CORE(ダブル・コア)設計」により「快心の一撃性能」を実現した。フェースセンターヒット時に高い反発性能を発揮する「4点集中設計」やフェースセンターのたわみ量を最大化する「nabla neo FACE設計」を採用。さらに肉厚のばらつきを極限まで抑えた高精度CNCミーリングフェースとフランジ角をクラウンとソールに装備した「Wクラウン&Wソール」で広い高初速エリアを実現した。さらに、それぞれ専用設計のコラボレーションシャフトを採用するなど、ゴルファーのパワーやニーズで選べる3タイプになっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月22日のニュース