東京五輪代表の前田穂南「マラソンができる喜び」、大阪国際女子でMGC以来の42・195キロ

[ 2021年1月22日 05:30 ]

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子。 最終コーナーを曲がり、最後の直線を力走する前田穂南(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本陸連は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、31日の大阪国際女子マラソンを長居公園内を約15周するコース(1周2・8キロ)に変更すると正式発表した。同大会には東京五輪代表の一山麻緒(23=ワコール)、前田穂南(24=天満屋)が出場。前田は21日、合宿中の宮崎県内から広報を通じて談話を発表した。

 「大会を開催していただけることを心より感謝しております。MGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)から1度もマラソンを走っていないので、コースは変更になりますが、マラソンができる喜びを感じながら、ベストを尽くして走りたいと思います」

 19年9月のMGCを制して五輪切符を手にした後、トラックを中心に鍛えてきた。コース形状が違うとはいえ、18年に2時間23分48秒の自己記録を出した「大阪」で五輪イヤーに弾みを付ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月22日のニュース