50歳・華吹が勝ち越し!大阪万博の1970年生まれ 86年初土俵から208場所目

[ 2021年1月22日 05:30 ]

大相撲初場所12日目 ( 2021年1月21日    両国国技館 )

桜をはたき込みで破る華吹(右)(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 現役最年長の50歳で、東序ノ口9枚目の華吹(はなかぜ=立浪)が西序ノ口11枚目の桜(高田川)をはたき込みで下し、4勝2敗で勝ち越しを決めた。立ち合いから左四つで攻め最後ははたき込んだ。

 勝ち越しは昨年春場所以来4場所ぶり。昨年5月28日に50歳となってからは初の給金直しとなった。86年春場所に初土俵を踏んで今場所で208場所目。昭和、平成、令和で土俵に上がっている鉄人は健在ぶりをアピールした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月22日のニュース