正代2敗キープ 調子戻ってきた「残り3番、しっかり取ってケガをしないように」

[ 2021年1月22日 05:30 ]

大相撲初場所12日目 ( 2021年1月21日    両国国技館 )

寄り切りで竜電を破る正代(左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 正代が竜電を圧倒し2敗をキープした。立ち合いで左を差し、右もねじ込んで一気に寄り切り。「落ち着いて取れていた。でも、まだ土俵際で慌てそうになった。しっかりしないと」。10、11日目と物言いがつくきわどい勝負をものにして調子を取り戻してきた。

 昨年9月の秋場所は大関の貴景勝、平幕の翔猿らとの争いを制して初優勝。「その経験が大きい。去年より落ち着いている。残り3番、しっかり取ってケガをしないように」と謙虚に奮闘を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月22日のニュース