「走ることが嫌いと思ったことない」田中希実 ランナー両親から“英才教育”

[ 2020年12月5日 05:30 ]

陸上 東京五輪代表選考会兼日本選手権長距離種目 ( 2020年12月4日    大阪市・ヤンマースタジアム長居 )

<陸上日本選手権長距離種目  女子5000メートル>優勝を飾って笑顔を見せる田中希実(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 田中のコーチで父の健智(かつとし)さんは3000メートル障害で日本選手権に出場し、母・千洋(ちひろ)さんは北海道マラソンを2度制した「最強の市民ランナー」。父は引退後、市のマラソン大会や駅伝大会といったイベント事業を手掛けたことで娘も自然と関心を持った。

 週末になれば、両親と一緒に全国各地を回った。小学生になる頃には、受付や給水係をしながら、母が開くマラソン教室を間近で見ていた。「走ることが嫌いだと思ったことがない」というランナーとしての根幹は、こうして養われた。

 「小学校の高学年になると、試合で参加賞をもらうのが楽しみから、表彰台に上がりたいと意識が変わった。引っ込み思案の子が自分を表現できる場所を見つけたのだと思う」。来年、最も輝ける舞台が待っている。

 ▽女子5000メートル(1)田中希実(豊田自動織機TC)15分5秒65(2)広中璃梨佳(日本郵政グループ)15分7秒11(3)萩谷楓(エディオン)15分19秒41 五輪参加標準記録 15分10秒00

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月5日のニュース