松元克央 400m自由形初Vで2冠達成「ラスト50メートル、死ぬ気で泳げた」

[ 2020年12月5日 17:35 ]

競泳日本選手権第3日 ( 2020年12月5日    東京アクアティクスセンター )

<競泳日本選手権第3日>男子400メートル自由形予選、レースを終え笑顔の松元克央(右)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 男子400メートル自由形で松元克央(かつひろ、23=セントラルスポーツ)が3分49秒52で初優勝した。「ラスト50メートル、死ぬ気で泳げて1位を勝ち取れた。競っていたら一番を本気で獲ろうと思っていた。うまくいったのかな」。

 前日に3連覇を達成した200メートル自由形に続く2冠を達成。海外遠征の疲労が残る中で自己ベストを更新し「距離が増えても得意なものは変わらないと思う」と胸を張った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月5日のニュース