一山麻緒 女子1万自己ベスト10秒以上更新「チャレンジできた」

[ 2020年12月5日 05:30 ]

陸上 東京五輪代表選考会兼日本選手権長距離種目 ( 2020年12月4日    大阪市・ヤンマースタジアム長居 )

<陸上日本選手権長距離種目 女子10000メートル>一山麻緒(左)を引き離して独走態勢に入る新谷仁美(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 東京五輪女子マラソン代表の一山がトラックでも強さを発揮した。自己ベストを10秒以上も更新し「新谷さんに1秒でもついていこうとチャレンジできたのは良かった」と笑顔を見せた。

 出場を予定している来年の大阪国際女子マラソンを見据えてスピード強化に着手。練習でのタイムを1秒上げるなどして速さに磨きをかけてきた。「このスピードを維持しながら持久力をつけてマラソンの準備をしたい」と話した。

 ▽女子10000メートル (1)新谷仁美(積水化学)30分20秒44=日本新(2)一山麻緒(ワコール)31分11秒56(3)佐藤早也伽(積水化学)31分30秒19 五輪参加標準記録 31分25秒00

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年12月5日のニュース