田中希実 女子5000制し初の五輪切符「ハイレベルな中で力を出し切りたい」

[ 2020年12月5日 05:30 ]

陸上 東京五輪代表選考会兼日本選手権長距離種目 ( 2020年12月4日    大阪市・ヤンマースタジアム長居 )

<陸上日本選手権長距離種目  女子5000メートル>ラスト1周で広中璃梨子(左)を抜きさって優勝を飾った田中希実(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ラストスパート勝負なら負けない。田中には明確な計算があった。残り200メートル。4000メートルからほぼ一騎打ちだった広中の足音が近くで聞こえる。残り100メートル。「私も足が止まった」。ともに五輪の参加標準記録を満たしており、勝った方が代表。名勝負を制した田中は、ゴール後を「意識がなかった」と振り返った。

 「一人でずっと耐え忍んで練習をしてきた。多くの支えもあったから耐え抜けた」

 800メートルから5000メートルまで国内トップレベル。異色の才能を生んだきっかけは、幼少期にある。「赤毛のアン」などの文学好きな少女は、「家で早く読みたい」と小学校から自宅までの約2・5キロを毎日、全力疾走。自然と、走力が磨かれたという。

 同大進学後、最初のクラブチームは空中分解した。競技続行の岐路に立たされながら、父・健智さんとの二人三脚で力を付けた。「東京五輪では、海外勢のハイレベルな中で力を出し切りたい」。世界の壁が分厚い種目だが、21歳に不可能の文字は見えていない。

 ◆田中 希実(たなか・のぞみ)1999年(平11)9月4日生まれ、兵庫県小野市出身の21歳。市場小―小野南中を経て西脇工へ進み、3年連続で全国高校駅伝の1区を走る。同大では陸上部に入らず、当初はND28アスリートクラブで活動し、チーム解散後に豊田自動織機トラッククラブに所属。19年ドーハ世界選手権5000メートル14位。今年は1500メートルと五輪非種目の3000メートルで日本新記録を樹立した。愛称は「のん」。趣味は読書。1メートル53、41キロ。

 ▽女子5000メートル(1)田中希実(豊田自動織機TC)15分5秒65(2)広中璃梨佳(日本郵政グループ)15分7秒11(3)萩谷楓(エディオン)15分19秒41 五輪参加標準記録 15分10秒00

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月5日のニュース