松山英樹 3日間ベストの「68」も不満「最低限までいかないラウンドですよ」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ第3日 ( 2020年10月24日    カリフォルニア州 シャーウッドCC=7073ヤード、パー72 )

9番でラインを読む松山
Photo By 共同

 61位から出た松山英樹は3日間でベストの「68」にも「良いショット、良いパットもあるんだけど続かない。最低限までいかないラウンドですよ、まだ」と厳しく自己評価した。

 前半の16番でチップインバーディー、後半も3番で7メートルを沈めるなど12ホールで5アンダー。しかし、5番でティーショットを左の茂みに入れてボギーとし、伸ばし切れなかった。「今やってることを信じて。良いプレーをして終わりたい」。48位から上位浮上を期して最終日に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月26日のニュース