デンソー残った! 戸田に快勝 決勝Tへ最終1枠の望みつなぐ

[ 2020年10月26日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボール1部リーグ   デンソー5―1戸田中央総合病院 ( 2020年10月25日    福井フェニックススタジアム )

<デンソー・戸田中央総合病院>初回に先制タイムリーを放つデンソー・田中(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 第53回日本女子ソフトボール1部リーグ(日本ソフトボール協会・日本女子ソフトボール機構主催)は25日、山形大会が雨天中止になり、滋賀・草津、福井市の2会場で第10節の4試合を消化した。決勝トーナメント(T)進出へ負けられないデンソーは、序盤の集中打で戸田中央総合病院を圧倒。きょう26日にデンソー○、太陽誘電●で逆転突破が決まる。

 最後の見せ場を作らず、終戦するわけにいかない。負ければ、決勝T進出の可能性が消える戸田中央総合病院戦。デンソー打線が重圧を力に変えた。

 先頭打者の釼持が右翼へ二塁打を放った初回の攻撃。吉田が送り、田中の中前適時打で労せず先取点を奪った。2回に追いつかれても、後のないチームには反発力がある。その裏に桜岡、吉松のタイムリーで2得点。2四球でチャンスを得た3回も、今村の2点適時打でリードを広げた。

 序盤に大量援護があれば、フーバーは自分のリズムでゲームを作れる。中盤以降、危なげない投球。最後は、「目の前の1試合1試合を全力で戦いたい」と気合いの入るグッドが、快勝劇を締めくくった。

 ラスト1枠を争う太陽誘電は雨天のため、25日の試合が中止。24日は福井大会が流れており、リーグ最終戦の「10・26」に決着は持ち越された。デンソーがSGホールディングスに勝って、太陽誘電がHondaに負ければ6勝5敗で並び、直接対決を制したデンソーが突破。それ以外なら、太陽誘電が決勝Tに進む。条件では、太陽誘電が有利とはいえ、SGホールディングスは2勝9敗と下位に低迷。逆にHondaは3位通過の可能性があり、士気は高い。リーグ戦11試合の「超短期決戦」は、ラストにドラマを用意していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月26日のニュース