高梨沙羅 K点超え2本で優勝も不満「思うようなジャンプをそろえられなかった」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

女子ラージヒルで優勝し、賞状を手にする高梨沙羅
Photo By 共同

 ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ最終日が25日、長野・白馬ジャンプ競技場で行われた。

 高梨沙羅はノーマルヒルで行われた24日の全日本選手権に続いて、ラージヒルの今大会も制した。ただ一人2回ともK点(120メートル)を越え、第一人者の貫禄を示したが、踏み切りのタイミングの遅れが目立ったそうで「思うようなジャンプをそろえられず終わってしまった」と悔しがった。

 次は今月末から11月上旬にかけて札幌での5連戦に臨み、12月上旬のW杯開幕に備える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月26日のニュース