王者チーフスは6勝目 スティーラーズは全勝対決を制して42年ぶりの開幕6連勝

[ 2020年10月26日 13:37 ]

雪の中でブロンコスに勝ったチーフスのQBマホームズ(AP)
Photo By AP

 NFLは25日に第7週2日目12試合を行い、昨季のスーパーボウルを制した王者チーフスは敵地デンバー(コロラド州)で雪の降る中でブロンコスと対戦。43―16(前半24―9)で勝利を収めて今季6勝目(1敗)を挙げた。

 スーパーボウルでMVPとなったQBパトリック・マホームズ(25)は23回中15回のパスを通して200ヤードと1TDをマーク。現役QBでは最長となる17試合連続でパスによるTDを記録した。またジェッツを解雇されたあと契約したQBリビオン・ベル(28)がチーフスの一員として初めて出場。スティーラーズ時代に3回「1000ヤード・ラッシャー」となっているベルは6回のキャリーで39ヤードをランで獲得した。

 そのベルの古巣、スティーラーズは敵地ナッシュビルでタイタンズと対戦。5戦全勝同士の対決となった一戦でスティーラーズのQBベン・ロスリスバーガー(38)はインターセプトを3度喫しながらも268ヤードと2TDをパスでマークし、27―24(前半24―7)で競り勝ってリーグで唯一、不敗を堅持した。スティーラーズの開幕6連勝は1978年(開幕7連勝)以来、42年ぶり。14勝2敗で終えたそのシーズンのスーパーボウルではカウボーイズを下してリーグ制覇を達成している。

 タイタンズは今季6戦目で初黒星。第4Qの残り19秒、スティーブン・ゴストカウスキー(36)が同点を狙って蹴った45ヤードのFGは右にそれて失敗した。

 バッカニアーズは敵地ラスベガスでレイダースを45―20(前半21―10)で退けて5勝2敗。ペイトリオッツ時代に6度のスーパーボウル制覇を達成しているQBトム・ブレイディー(43)は45回中33回のパス成功で369ヤードと4TDを稼いで勝利に貢献した。

 今季の年俸が3140万ドル(約33億円)だったQBダク・プレスコット(27)を右足首の骨折で失っているカウボーイズはワシントン・フットボールチームに3―25(前半3―22)で敗れて2勝5敗。プレスコットの代役として先発した前ベンガルズのQBアンディー・ドールトン(32)は第3Q、相手選手のタックルで頭部を強打し、脳振とうを引き起こしてプレー続行不能となった。

 <25日の結果>

ライオンズ(3勝3敗)23―22*ファルコンズ
ブラウンズ(5勝2敗)37―34*ベンガルズ(1勝1分け5敗)
スティーラーズ(6勝)27―24*タイタンズ(5勝1敗)
*セインツ(4勝2敗)27―24パンサーズ(3勝4敗)
ビルズ(5勝2敗)18―10*ジェッツ(7敗)
*ワシントンFC(2勝5敗)25―3カウボーイズ(2勝5敗)
パッカーズ(5勝1敗)35―20*テキサンズ(1勝6敗)
バッカニアーズ(5勝2敗)45―20*レイダース(3勝3敗)
チーフス(6勝1敗)43―16*ブロンコス(2勝4敗)
49ers(4勝3敗)33―6*ペイトリオッツ(2勝4敗)
*チャージャーズ(2勝4敗)39―29ジャガーズ(1勝6敗)
*カージナルス(5勝2敗)37―34(延長)シーホークス(5勝1敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月26日のニュース