ムラデノビッチ 悪夢の逆転負け コロナ“隔離措置”影響!?

[ 2020年9月4日 05:30 ]

テニス全米オープン第3日 ( 2020年9月2日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

2回戦で敗れたムラデノビッチ(AP)
Photo By AP

 “隔離措置”を受けていたムラデノビッチが悪夢の逆転負けを喫した。格下相手に6―1、5―1と勝利目前から4度のマッチポイントを生かすことができずに敗退。第3セットは1ゲームも奪えず「打ちのめされている」とうなだれた。

 新型コロナウイルス感染で棄権した男子のペール(フランス)と接触したとしてホテルでの自室待機を強いられ「負けた言い訳にはしたくないが、ひどい扱いだった」と主催者への不満をぶちまけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月4日のニュース