“黄金世代”田中瑞希が暫定単独首位 笹生優花は苦戦

[ 2020年9月4日 14:41 ]

女子ゴルフツアー ゴルフ5レディース第1日 ( 2020年9月4日    岐阜県 GOLF5カントリーみずなみコース=6571ヤード、パー72) )

田中瑞希
Photo By スポニチ

 女子ゴルフツアーの今季第4戦、ゴルフ5レディース(賞金総額6000万円、優勝賞1080万円)は4日、当地で時折、激しい雨が降る中、雷雲接近による2時間16分を中断を挟んで第1ラウンドを行っている。

 3試合連続優勝を目指すプロ1年目の笹生優花(19=ICTSI)は前半のアウト9ホールを1バーディー、2ボギーの37で折り返し、1オーバー、暫定70位と苦戦を強いられている。スタートの1番パー4(391ヤード)でピン右奥から3メートルのバーディーパットを外すと、続く2番パー5(524ヤード)では一瞬迷った後、ドライバーを選択した第1打を右の林に打ち込んでこの日最初のボギー。第1打を左ラフに打ち込んだ競技再開直後の6番パー4(400ヤード)でこの日2個目のボギーを叩いて一時、暫定90位まで順位を下げた。

 “黄金世代”田中瑞希(21=ニトリ)が6アンダーで暫定単独首位。1打差の4アンダー、暫定2位グループに“黄金世代”吉川桃(22=フリー)ら3人がつけている。一時、暫定首位に立っていた賞金女王・鈴木愛(26=セールスフォース)は再開直後の5番パー5(491ヤード)でダブルボギーを叩き、前週2位の小祝さくら(22=ニトリ)らと1アンダーの暫定24位にいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月4日のニュース