遼がっくり…乱れて出遅れ「最悪の一歩手前でした」

[ 2020年9月4日 05:30 ]

男子ゴルフツアー フジサンケイ・クラシック第1日 ( 2020年9月3日    山梨県 富士桜CC=7566ヤード、パー71 )

14番、林から第2打を放つ石川遼
Photo By 代表撮影

 石川は前半のインで2つのダブルボギーなど40を叩いたのが響き、3オーバーと出遅れた。出だしの10番でバーディー発進したものの、11番は3Wでの第1打が右に大きく曲がりロストボール。17番も第2打が左の林の中に消えてOBと乱れた。

 後半は1アンダーで回ったものの「前半はバタバタ。最悪の一歩手前でした」とがっくり。この大会は無観客で行われているが「自分の球は特にラフや林に行くので、誰も見ていないということがあるのは怖いかな」と苦笑いだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月4日のニュース