NBAの西地区準決勝もスタート クリッパーズがナゲッツに先勝 レナード29得点

[ 2020年9月4日 12:54 ]

チーム最多の29得点をマークしたクリッパーズのレナード(AP)
Photo By AP

 NBAの西地区準決勝が3日から始まり、2位クリッパーズが120―97(前半69―51)で3位のナゲッツを退けて先勝。クリッパーズは1970年にバファロー・ブレーブスとして誕生してから地区準決勝は過去5回経験しているがすべて敗退しており、このシリーズに勝てばチーム初の地区決勝進出となる。

 初戦では昨季ラプターズをファイナル初優勝に導きMVPにもなったカワイ・レナード(29)が32分の出場でフィールドゴール(FG)を16本中12本成功させてチーム最多の29得点をマーク。ポール・ジョージ(30)も19得点、マーカス・モリスSR(31)も18得点を挙げるなど先発陣が奮起して第3Q終了時点で24点差をつけた。

 クリッパーズが中3日での初戦だったのに対して、ナゲッツは1回戦でジャズと最終第7戦まで戦ったために中1日での準決勝初戦。1回戦で50得点を2度マークしたジャマール・マーリー(23)は33分出場したものの、FG成功は15本中5本(うち3点シュートは8本中2本)に終わり12得点にとどまった。チームの3点シュート成功も36本中9本。成功率はクリッパーズが41・7%(24本中10本)に対し、ナゲッツは25・0%と精度を欠いた。

 なお西地区第1シードのレイカーズは4日(日本時間5日)に4位ロケッツと準決勝の初戦を行う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月4日のニュース