貴景勝“婚約場所”へ意欲「いい成績を残したい」

[ 2020年9月4日 05:30 ]

ぶつかり稽古を行う貴景勝(右)
Photo By 提供写真

 大相撲秋場所(13日初日、両国国技館)で10場所ぶり2度目の優勝を目指す大関・貴景勝(24=千賀ノ浦部屋)は3日、報道陣の電話取材に応じ、婚約後初めて迎える本場所へ「1人の時も一生懸命やってきたから特に変わることはないが、いい成績を残したい思いはある」と意欲をのぞかせた。

 先月30日に元大関・北天佑(故人)の次女で元モデルの千葉有希奈さん(28)と婚約を発表。食事面などのサポートに感謝の気持ちを示しつつ、「とにかく土俵で示さないと意味がない」と言葉に力を込めた。

 現在は実戦的な稽古を再開しておらず、基礎運動を中心に調整中。猛暑が続く中、関係者から届いた馬肉などを食べ、体重は以前より14キロ増えて183キロになった。「刺しでもいくし、桜鍋。タンパク質が高くて、脂質も少ないし、食べやすい」。体力をつけ、大切な人に支えられながら上がる土俵へ「一生懸命、突き押しに徹して頑張っていく」と決意を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月4日のニュース