第1シードのプリスコバ 敗戦も淡々「いいプレーをできなかっただけ」

[ 2020年9月4日 05:30 ]

テニス全米オープン第3日   Ka・プリスコバ0―2ガルシア ( 2020年9月2日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

2回戦でガルシアに敗れた第1シードのKa・プリスコバ(AP)
Photo By AP

 第1シードのKa・プリスコバが元世界4位のガルシアに足をすくわれた。「いいプレーをできなかっただけ」と話したように、6度あったブレークポイントを1度しか生かせず、第2セットではいら立ってラケットをコートに叩きつける場面もあった。

 世界ランク3位で4大大会優勝経験はないが、上位の欠場でトップシードに押し上げられた。重圧を問う声には「関係ない」と淡々と応じた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月4日のニュース