大坂 メッセージと試合のバランスをどう取っている?「コートでは試合以外考えていない」

[ 2020年9月4日 05:30 ]

テニス全米オープン第3日 ( 2020年9月2日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

初戦は警官に射殺されたテイラーさんの名前入り“抗議のマスク”を着けた大坂(AP)
Photo By AP

 女子シングルス2回戦で、世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)が、同74位のカミラ・ジョルジ(28=イタリア)に6―1、6―2で快勝した。5年連続の2回戦突破で、3回戦では同137位のマルタ・コスチュク(18=ウクライナ)と対戦する。英ブックメーカーの優勝予想オッズで単独トップとなり、優勝の本命に浮上した。

 【大坂に聞く】
 ――試合の感想は?
 「パワー派の相手でも、自分の目標はしっかりと試合を支配すること。彼女が強打を繰り出してきても、制することができた」

 ――社会的メッセージ発信と試合のバランスをどう取っている?
 「コートでは試合以外のことは考えていない。コート外のこともモチベーションになっているが、ツアー中断中に本当に練習したし、いい選手になることだけを考えている」

 ――コート上で母・環さんが絵文字の紙を見せていたが?
 「多分、姉がやるように言ったんだと思う。4行あった絵文字の意味は、最初はよくやった、次がツイッターの鳥のアイコンで、SNSはやらずに寝なさい、その次がグリーンジュースをたくさん飲んで休むこと、最後がアイラブユー」

 ――前日、マリーと西岡の試合を観戦していた。
 「2人の激しい戦いに刺激を受けた。凄い試合をセンターコートでしていて、自分もいい試合をしたいと思った。西岡はとても素早くて、感情を素直に出すので、見るのが好きな選手の一人」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月4日のニュース