野村敏京、後退33位…第3Rバーディー奪えず76 最終日は「伸ばして終わりたい」

[ 2020年8月23日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー AIG全英女子オープン第3日 ( 2020年8月22日    英国トルーン ロイヤルトルーンGC=6649ヤード、パー71 )

野村敏京
Photo By スポニチ

 首位と3打差の9位から出た米ツアー3勝の野村敏京(27=フリー)は苦しい第3ラウンドとなった。序盤はチャンスにつける場面もあったが決めることが出来ず8番までパー。9番でロストボールのトラブルもあり、前半を終えて通算4オーバーとした。

 後半も出だしの10番でボギーとするなど、流れを断ち切れず三つ落とした。この日はバーディーを奪えず3ボギー、1ダブルボギーの76で通算7オーバーで33位に後退。「パットが入ってくれなかった」と悔しそうに振り返った。 

 風の強いリンクス対策で低い球を打つことを心がけ、第2ライン度は69で回って上位で予選を通過。日本勢による大会連覇の期待を受け決勝ラウンドに臨んだが、「9番で流れが崩れた感じ」と無念の様子。最終日に向けては「少し早いスタートで、風が今日よりは少し収まる感じになると思うので、アンダーで回って3オーバーまでは伸ばして終わりたい」と巻き返しを期した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月23日のニュース