山県亮太、1年3カ月ぶり復帰戦へ向け気合「最後は気持ちだと思う」

[ 2020年8月23日 05:30 ]

陸上 セイコー・ゴールデングランプリ ( 2020年8月23日    国立競技場 )

会見に出席した(左から)多田、桐生、山県、ケンブリッジ(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京五輪の舞台となる国立競技場で行われる。22日は前日会見が行われた。

 山県は昨年5月のこの大会以来、1年3カ月ぶりのレース。「昨年のセイコーが10秒11だったので、それを上回るタイムを目指したい」と語った。昨年は腰痛、肺気胸、右足首のじん帯断裂という度重なる苦難があった。復帰戦は所属するセイコーがスポンサードする大会で、いきなり強敵と当たるが「最後は気持ちだと思う」と気合を入れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月23日のニュース