女子やり投げ 北口、新たな“高速”助走で今季初戦へ「最善を尽くしたい」

[ 2020年8月23日 05:30 ]

陸上 セイコー・ゴールデングランプリ ( 2020年8月23日    国立競技場 )

女子やり投げの北口榛花
Photo By スポニチ

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京五輪の舞台となる国立競技場で行われる。

 女子やり投げの日本記録(66メートル00)保持者、北口は風向きの確認をチェック項目に掲げた。メダルの期待がかかる来年の東京五輪と同会場での大会。会見では「地面の硬さだったり、競技場の風の抜け方を把握したい」と語った。

 新しく取り組む“スピード重視”の助走で投げることも宣言。「日本記録を目標にできる段階ではないが、最善を尽くしたい」と今季初戦に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月23日のニュース