前日誕生日の川田朱夏が800メートルV 同学年の塩見とのライバル対決制す

[ 2020年8月23日 13:59 ]

陸上セイコー・ゴールデングランプリ ( 2020年8月23日    国立競技場 )

川田朱夏
Photo By スポニチ

 女子800メートルは、川田朱夏(あやか、21=東大阪大)が、同じ大学3年の塩見綾乃(20=立命大)とのライバル対決を制した。優勝タイムは2分5秒60。1周目からトップに立ってレースを作ると、「ラストのスピードには自信がある」との言葉通り、後ろに付いていた塩田に一度も先頭を譲ることなく、逃げ切った。

 前日22日に21歳の誕生日を迎えたばかりのホープ。7月の大阪選手権の2分8秒84から大幅にタイムを伸ばしたものの、「2分5秒を切ることが目標だった」と満足はなかった。それでも、左足甲の疲労骨折と、左膝の骨膜炎に苦しんでまともに走れなかった昨年とは大違い。「今シーズンは順調にいけている」と手応えを感じている。自己ベスト2分2秒71の更新も、時間の問題だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月23日のニュース