多田“変わり身”宣言、ケンブリッジは好調宣言 23日セイコー・ゴールデングランプリ

[ 2020年8月23日 05:30 ]

陸上 セイコー・ゴールデングランプリ ( 2020年8月23日    国立競技場 )

会見に出席した(左から)多田、桐生、山県、ケンブリッジ(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京五輪の舞台となる国立競技場で行われる。22日は前日会見が行われた。

 多田は初戦からの変わり身を宣言した。10秒46と振るわなかった7月の大阪選手権の後は「リラックスして切れを出すことを心がけた」と修正。「自己ベスト(10秒07)近く出せる」と力強かった。

 ケンブリッジは10秒2台を3本そろえた7月の東京選手権を振り返りつつ、「前回よりいい状態だと思うので、10秒0台で走れたら」と好調宣言。こちらも自己記録(10秒08)をにらんでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月23日のニュース