瀬古リーダー「1回くらいはマラソンを」21年五輪へ代表選手に要望

[ 2020年3月25日 15:46 ]

日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー
Photo By スポニチ

 東京五輪開催が1年程度延期となったことを受け、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが25日、都内で取材に応じた。

 男女マラソン代表は昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)と、国内のファイナルチャレンジを終え、男子は中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、大迫傑(ナイキ)、女子は前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)、一山麻緒(ワコール)に決定している。

 瀬古リーダーは再選考はしない方針を表明した上で、21年夏に五輪開催となった場合を見据えて「1回くらいはマラソンを走ってもらいたい」と代表選手に要望。夏以前に開催される可能性も残っているが、「本当は選手に負担のかからない時期にやってもらえればいいけど、決定権がないので、決まれば従うだけ」とした上で、「アスリートファーストなら真夏は避けたい」とも話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月25日のニュース