大関昇進した朝乃山 伝達式の口上で「相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力」

[ 2020年3月25日 10:00 ]

朝乃山
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は25日朝、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で夏場所(5月10日初日、両国国技館)番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇・朝乃山(26=高砂部屋)の大関昇進を満場一致で正式に決めた。

 相撲協会は出羽海理事(元幕内・小城ノ花)と千田川審判委員(元小結・闘牙)を使者として、大阪市中央区の高砂部屋宿舎に派遣。伝達式で朝乃山は「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」と口上を述べた。

 口上に「愛」という言葉を入れるのはきわめて珍しい。「中学から相撲をやってきて(相撲を通じて勧誘を受け)高校、大学と進学しました。高校の校歌にある“愛”と“正義”、中学から使っている“一生懸命”を入れました」と説明。母校の富山商は教育目標として掲げる文言に「生涯にわたって愛と正義の理想を追求するより高い人格の育成に努める」とあり、校歌の歌詞にも愛と正義の言葉がある。自身のここまでの相撲人生をしっかり反映させた内容となった。

 16年春場所の三段目100枚目格付け出しデビューから4年で協会の看板力士である大関の地位を手にした。「こんなに早く大関になれるとは思いませんでした」と喜ぶ一方で「(いろんな人に)尊敬、目標とされる大関になりたい」と抱負を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月25日のニュース