ラグビー福岡堅樹 五輪延期に「今の自分にできる最高の準備を続けよう!」

[ 2020年3月25日 09:06 ]

ラグビー日本代表の福岡堅樹
Photo By スポニチ

 昨年のラグビーW杯で活躍した日本代表のWTB福岡堅樹(27=パナソニック)が24日、自身のツイッターを更新。東京五輪の延期について言及した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて予定通りの開催が危ぶまれていた中で安倍晋三首相(65)と国際オリンピック委員会(1OC)のトーマス・バッハ会長(66)が24日夜に電話会談を行い、7月24日の開幕を見送って1年程度延期することで合意。同日の1OC理事会で正式に承認された。 

 7人制ラグビー男子日本代表候補の福岡は「何がどう転ぶか分からないこんな状況の時にこそ、実家から送られてくるこの癒しの存在には助けられます」とつづり、猫の写真をアップ。「自分にコントロールできないことは考えても仕方ない。今の自分にできる最高の準備を続けよう!」とツイートした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月25日のニュース