国内シニア開幕戦「金秀シニア沖縄OP」通常開催へ 2戦目は無観客で調整

[ 2020年3月25日 05:30 ]

 男子ゴルフの国内シニア開幕戦、金秀シニア沖縄オープン(4月10、11日、かねひで喜瀬CC)が、観客を入れた通常開催の方向で準備が進められていることが24日、分かった。関係者は「大会の過去10年の1日平均の観客数は600~700人ほど。その人数であれば国の指針に沿った新型コロナウイルス対策も十分可能だと考えている」と話した。

 ただ、翌週のノジマ・チャンピオンカップ箱根シニア(同16、17日、箱根CC)は会場が比較的多くの感染者が出ている首都圏に近いこともあり無観客で調整されているもよう。今後状況が変わる可能性もあるが、30日の日本プロゴルフ協会理事会後に方針が示される見通しとなっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月25日のニュース