白鵬「もずやん」を豪快に転がす 吉村知事心配「バリッ!ていったけど…」

[ 2020年2月25日 15:13 ]

大阪府庁を訪れ、広報担当副知事を務めるキャラクター「もずやん」と相撲を取る白鵬
Photo By スポニチ

 大相撲春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)で44回目の優勝を目指す横綱・白鵬(34=宮城野部屋)が25日、大阪市中央区の大阪府庁を訪れ、前年春場所優勝者に贈られる盾を吉村洋文知事から受け取った。毎年、知事杯を返還してもらう代わりに盾を渡している。

 白鵬は「体を整えて連覇できるように頑張ります。(3月11日の誕生日がくれば)35歳でケガが治りにくい。万全でいかないと」と表情を引き締めた。大阪府の広報担当副知事を務めるキャラクター「もずやん」と対戦するのがここ数年の恒例となっている。今年も吉村知事からおねだりされ、白鵬は快諾。左を差された状態から右小手投げで転がした。吉村知事が「バリッ!ていったけど大丈夫!?」と駆け寄り「(もしもの時は)労災で補償します」と慌てるほど豪快な投げっぷりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月25日のニュース