伊藤美誠 フルゲーム激戦を制し今季ツアー初V 「自分強くするきっかけになった」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

卓球 ワールドツアー ハンガリー・オープン最終日 女子シングル決勝   伊藤4ー3鄭怡静 ( 2020年2月23日    ハンガリー・ブダペスト )

ハンガリー・オープンの準決勝を戦う伊藤美誠(国際卓球連盟提供・共同)
Photo By 提供写真

 伊藤は鄭怡静とのフルゲームの激戦を制した。2―3と追い込まれて迎えた第6ゲームを11―9で奪って息を吹き返した。「第6ゲームが凄く大事だった」とし、最終第7ゲームも「より強くプレーできたし、自分のリズムでできた」と11―7で勝負を決めた。

 1月の全日本選手権は決勝で早田に敗れて3年連続の3冠に届かなかったものの、中国不在の中で存在感を示した今季ツアー初優勝が勢いを呼ぶ。「自分を強くするきっかけになった」と、19歳が大きな手応えとともにトロフィーを掲げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月25日のニュース