クリッパーズが連敗を3で阻止 ブライアント氏の葬儀のあとでグリズリーズに快勝

[ 2020年2月25日 16:12 ]

グリズリーズのブルックスをかわしてシュートを放つクリッパーズのレナード(AP)
Photo By AP

 NBAは24日に各地で7試合を行い、西地区全体3位のクリッパーズは故コービー・ブライアント氏の葬儀が終わったあとのステイプルズセンター(ロサンゼルス)で同8位のグリズリーズと対戦。第1Qで40―14と圧倒し、124―97(前半66―37)で快勝して連敗を3で阻止した。今季の成績38勝19敗。同2位ナゲッツとは1ゲーム差となっている。

 16日のオールスターゲーム(シカゴ)でMVPとなったカワイ・レナード(28)は25分の出場で25得点と8リバウンドをマーク。ニックスから移籍してきたマーカス・モリス(30)は新天地初戦で先発し、24分の出場で13得点を記録した。

 グリズリーズは3連敗で28勝29敗。8試合ぶりに勝率は5割を切った。八村塁(22=ウィザーズ)とゴンザガ大で同期だった新人フォワードのブランドン・クラーク(23)は先発したものの、右股関節を痛めてわずか4分でダウン。グリズリーズは主力フォワードのジャーレン・ジャクソンJR(20)も左膝の故障で数週間、戦列を離れることが決まっており、傘下のGリーグ・ハッスルで活躍している渡辺雄太(25)の動向が注目されるところだ。

 東地区全体5位の76ersは地元フィラデルフィアでホークスを129―112(前半69―52)で下して36勝22敗。センターのジョエル・エンビード(25)が自己最多の49得点をマークし、ホームでは今季29戦で27勝目を挙げた。

 <24日の結果>

*76ers(36勝22敗)129―122ホークス(17勝42敗)
*キャバリアーズ(16勝41敗)125―119(延長)ヒート(36勝21敗)
*マジック(25勝32敗)115―113ネッツ(26勝30敗)
*ロケッツ(37勝20敗)123―112ニックス(17勝40敗)
*マーベリクス(35勝23敗)139―123ティンバーウルブス(16勝40敗)
サンズ(24勝34敗)131―111*ジャズ(36勝21敗)
*クリッパーズ(38勝19敗)124―97グリズリーズ(28勝29敗)

 *はホームチーム 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月25日のニュース