女子78キロ超級・朝比奈も“オール一本”初優勝「ここから真価が…」五輪補欠選出へ

[ 2020年2月25日 05:30 ]

柔道グランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会最終日 ( 2020年2月23日    ドイツ・デュッセルドルフ )

女子78キロ超級で優勝し、金メダルを手に笑顔の朝比奈
Photo By 共同

 女子78キロ超級の18年世界女王の朝比奈が、増地監督も「(世界選手権優勝の)18年以上」と称える内容で優勝。昨年11月、素根に五輪代表を決められた後、初優勝をオール一本で決め「ここからが本当に自分の真価が問われる。いい形で結果を残せた」と汗を拭った。

 準決勝では12年ロンドン五輪女王のオルティス(キューバ)に合わせ技一本。「今までは勝っても苦し紛れだった。得意技で勝てて凄くうれしかった」と涙も流した。4月から独協医大に進学するが、五輪の補欠に選ばれる見通しだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月25日のニュース