カーリングも新型コロナ対策! 握手に代えて“肘タッチ”

[ 2020年2月25日 05:30 ]

“肘タッチ”する藤沢(右)と山口ペア
Photo By スポニチ

 カーリングの全農日本混合ダブルス選手権は25日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて全日程を無観客で行う予定。

 山口剛史(35=SC軽井沢ク)とのペアで3連覇を狙う藤沢五月(28=ロコ・ソラーレ)は試合前後の対戦相手との握手に代わり“肘タッチ”を行う考えを明かした。海外では、体調不良などの時に一般的に行っていると説明。藤沢は「こういう時期ですから。握手を求められたら、握手します」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月25日のニュース