照ノ富士、十両へ万全!!出稽古先で10勝全勝「上半身は幕下で負ける要素ない」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

大相撲九州場所 10日初日

朝稽古で相手を攻める照ノ富士(左)
Photo By 共同

 両膝の負傷などで序二段まで転落しながら、西幕下10枚目まで番付を戻してきた元大関の照ノ富士(伊勢ケ浜部屋)は出稽古先の時津風部屋で関取衆と相撲を取り、10戦全勝と圧倒した。

 「上半身は幕下では負ける要素はない。あとは足の動きがどこまで対応できるか」と本場所を見据えた。つり上げて両足を浮かせるなど、怪力ぶりは健在だ。7戦全勝なら十両返り咲きは確実。今場所の成績には執着しなかったが「あと4場所で幕内に、というのは意識している」と目標を掲げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月7日のニュース