短水路選手権棄権の瀬戸、練習再開「炎症だったので大丈夫」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

「COLOR CREATION」のメンバーと写真に収まる瀬戸(左から3人目)
Photo By スポニチ

 左膝痛を抱えていた競泳男子の瀬戸大也(25=ANA)が5日に練習を再開したことを明かした。6日に都内で開催されたブランドアンバサダーを務めるBOSEのイベントに出演。故障で10月28日の日本短水路選手権の200メートル個人メドレーを棄権したが「炎症だったので大丈夫。昨日から練習を再開しました」と語った。

 イベントではサングラス型音響システムの新製品「Bose Frames」を装着。レース入場時の活用については「ヘッドホンの方が雑音を消せてゾーンに入れる」と見送る方針だが「初めてかけた時はびっくりした。凄いグッズ」と絶賛。共演したボーカルグループ「COLOR CREATION」から応援歌も贈られた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月7日のニュース