愛、賞金ランク3位から逆転女王へ「先のこと考えずに集中」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

女子ゴルフ 8日開幕スポニチ主催TOTOジャパンクラシック

プロアマ18番で笑顔を見せる鈴木(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 前週の樋口久子・三菱電機レディースで今季5勝目を挙げた鈴木は「(体は)ちょっとしんどい…」と苦笑いしつつも「先週からそんなに変わりはないかな」とゴルフの状態は上々の様子だ。

 現在の獲得賞金は1億円の大台を突破し、賞金ランクは3位につける。同ランク首位の申ジエとは約3000万円の差があるが、今大会で勝利を手にすれば逆転女王への道筋も見えてくる。だが、鈴木自身はいたって冷静。「先のこと考えすぎずに一ホール一ホール集中していきたい」と足元を見つめる。

 昨年大会では60位に沈んでおり、「正直いいイメージは少ないかな~」が本音。だからこそ「自分であまり目標を高くしすぎないようにしていこうと思います」。17年の賞金女王で、4年連続獲得賞金1億円超えの実力者。自然体で臨んだ先に勝利が見えてくる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月7日のニュース