田中史朗 南ア戦も魂のプレー「勇気を届けられるよう体張りたい」

[ 2019年10月17日 14:21 ]

ラグビーW杯2019準々決勝   日本―南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

日本代表の会見で南アフリカ戦の意気込みを語るSH田中(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本代表のSH田中史朗(34=キヤノン)が17日、都内での練習後に会見を行った。スコットランド戦前には全国各地に甚大な被害を受けた台風19号が発生。その思いを問われた田中は「日本のために、という思いはみんなもっている。メールもたくさんいただき“ありがとう”という言葉をいただく。次も勇気を届けられるように体を張りたいと思っています」と魂のプレーを誓った。

 かつては声を張り上げ、チームの雰囲気を引き締めていた。だが、34歳のベテランとなった今は違う。「僕が文句を言うこともない」。そう語る田中は「リーダー陣もしっかりしている。16年から自分のことにフォーカスしてプレーしている」と言う。自らの役割を完遂することが、勝利につながる。国民的一戦となる南アフリカ戦。「チームのために全力でやる」と決意を新たにした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月17日のニュース