札幌市長 五輪マラソン開催案に「かなり時間がタイト」、日程の課題指摘

[ 2019年10月17日 11:19 ]

東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案について話す秋元克広市長=17日午前、札幌市役所
Photo By 共同

 札幌市の秋元克広市長は17日午前、市役所で取材に応じ、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案について光栄だと歓迎した上で、費用に関し「恒常的に残るものは私たちで負担するが、それ以外の運営については組織委員会負担という原則で、これから話をする」との認識を示した。

 秋元市長は「昨晩、報道機関からの問い合わせで初めて知った。突然で驚いている。国際オリンピック委員会(IOC)からの連絡は現時点でまだない」と明かした。真夏の気温や、1987年から夏に北海道マラソンが開催されてきた実績も要因の一つと推測した。

 東京五輪開催まで1年を切っていることについては「かなり時間がタイトなので組織委員会と協議していきたい」と課題を指摘した。

 市は30年冬季五輪招致を目指しており、市長は「20年大会を成功させることが30年大会につながる」と期待を込めた。

 また、鈴木直道北海道知事は17日「冷涼な札幌市が候補とされたと受け止めている。どのような結論となっても、成功に向けて万全の体制で臨む」とのコメントを出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月17日のニュース