ベテランQB2人が故障で離脱 ロスリスバーガーは今季絶望 ブリーズは全治6週間以上

[ 2019年9月17日 11:39 ]

右手親指のじん帯断裂と診断されたセインツのQBブリーズ(AP)
Photo By AP

 NFLを代表するQBで、いずれもスーパーボウル優勝を経験している2人のベテランが手術を受けるために戦列を離脱した。

 どちらも15日の第2週の試合で負傷したもので、スティーラーズのベン・ロスリスバーガー(37)は右ひじのじん帯再建手術、いわゆるトミー・ジョン手術を受けるために今季の出場は絶望となった。

 ロスリスバーガーは2004年のドラフト1巡目、全体11番目に指名されてスティーラーズ入り。NFLでは通算216試合に先発し、2006年と09年のスーパーボウル優勝に貢献した。

 セインツのQBで2010年のスーパーボウルでMVPとなったドリュー・ブリーズ(40)は利き手でもある右手親指のじん帯を断裂。全治6~8週間と診断されて手術を受ける見込みで、前半戦での出場は不可能となった。

 スティーラーズは開幕から連敗。今後は2季目のメイソン・ルドルフ(24)が先発で起用されると見られている。1勝1敗のセインツはバックアップだったテディ―・ブリッジウォーター(26)が先発に昇格する。  

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月17日のニュース