井筒親方急逝受け、実弟・錣山親方の弟子が奮闘「みんな井筒のためにいい相撲を見せてくれた」

[ 2019年9月17日 20:17 ]

大相撲秋場所10日目 ( 2019年9月17日    両国国技館 )

井筒親方の死去から一夜明け、井筒部屋の前であいさつする錣山親方(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 井筒親方(元関脇・逆鉾)の急逝を受け、同親方の実弟の錣山親方(元関脇・寺尾)の弟子が、失意の師匠を励ますように奮闘した。

 阿炎は大関・豪栄道を押し出して6勝目を挙げた。また十両も彩も矢後に上手出し投げで敗れたものの、気持ちの入った相撲で健闘した。

 錣山親方は「みんな井筒(親方)のためにいい相撲を見せてくれた。それが一番うれしかった」と満足そうに話していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月17日のニュース