大鵬の孫・納谷 2連敗から3連勝で勝ち越し王手「あと2番勝つつもりで」

[ 2019年9月17日 15:09 ]

大相撲秋場所10日目 ( 2019年9月17日    両国国技館 )

 昭和の大横綱、大鵬の孫の幕下・納谷(19=大嶽部屋)は竜勢を突き出し下し勝ち越しに王手に懸けた。

 相手が変わり気味にくるところをしっかり見て突いて出る。回転のいい突っ張りで押し込みそのまま押し切った。

 「一気に止めるというよりは、いつも通り何回も何回も突っ張っていく感じでした」

 これで6日目から3連勝。「最初から落ち込むということはなくて、連勝できているのでいい流れのままいけるのでいいと思います」

 残り2番勝つのと4勝の勝ち越しで終わるのとでは番付も違ってくる。「自分を信じてやるだけ。あと2番勝つつもりで頑張ります」と気合いを入れていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月17日のニュース