ラグビー日本 福岡、初戦出さない ジョセフHC「あえて使うリスク避けたい」

[ 2019年9月17日 05:30 ]

9・20開幕 ラグビーW杯2019

初戦のロシア戦を欠場することが濃厚になった福岡
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表は16日、東京都内でW杯チーム公式記者会見に臨み、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は6日の南アフリカ戦で開始直後に右ふくらはぎを痛めて交代したWTB福岡について「ケガでプレーできない選手は福岡だけ。あえて使うリスクを避けたい」と20日の開幕ロシア戦(味スタ)の出場を見送る考えを明らかにした。

 13日の本格的な練習再開後も別メニュー調整が続いていた福岡は、この日の冒頭15分が公開された屋内トレーニングでは他の選手同様に体幹メニューに取り組んだ。指揮官は7日に症状が軽度であることを明らかにしていたが、万全を期して28日のアイルランド戦(エコパ)以降に復帰させる方針だ。

 W杯を目前にした心境については「(選手として)2回出て、決勝も出た。まだプレッシャーは感じていない」と頼もしく語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月17日のニュース