大堀“天敵”に苦杯…地力の差に屈す「対応できなかった」

[ 2019年8月21日 05:30 ]

バドミントン世界選手権第2日 ( 2019年8月20日    スイス・バーゼル )

<世界バドミントン第2日>女子シングルス2回戦で中国選手に敗れた大堀彩
Photo By 共同

 女子シングルス世界ランク24位の大堀(トナミ運輸)は2回戦で同7位の何氷嬌(中国)に2―1で敗れた。

 過去6戦1勝と分の悪い相手に対し、しぶといラリーで第2ゲームを奪取。最終ゲームに持ち込み、71分の熱闘を演じたが、地力の差に屈した。女子シングルスで日本勢4番手の大堀は「相手が最終ゲームでスピードを上げて、対応できなかったのが反省点」と唇をかんだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月21日のニュース