野口 東京五輪新競技切符1号 世界選手権「スポーツクライミング女子複合」銀で決めた

[ 2019年8月21日 05:30 ]

スポーツクライミング世界選手権第9日 ( 2019年8月20日    エスフォルタアリーナ八王子 )

<スポーツクライミング世界選手権第9日>女子複合決勝のボルタリング、第2課題を完登しガッツポーズで声援に応える野口啓代(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子複合決勝で、野口啓代(30=TEAM au)が銀メダルを獲得し、20年東京五輪の代表に決まった。7位以内&日本人最上位の条件をクリアし、同五輪で実施される新競技としては第1号の夢切符。野中生萌(22=XFLAG)が5位、森秋彩(15=茨城県連盟)が6位、伊藤ふたば(17=TEAM au)は7位だった。ヤンヤ・ガルンブレト(20=スロベニア)が連覇を達成した。

 勝負カラーの赤のリボンで髪をまとめ、野口が死力を尽くした。最終種目のリード。疲労がたまった四肢を懸命に操り、高度を稼いでゴールに迫る。ラストホールドめがけてジャンプしたが、無念の落下。「あそこまで行けたのが奇跡」。悲願の金メダルは逃したものの、複合で日本初の表彰台となる銀メダルを獲得。東京五輪代表を決めた30歳が、目を潤ませた。

 「本当に夢みたいで信じられない。まさか自分が代表になれるなんて思っていなくて、ビックリしている」

 専門のコーチを招いて強化してきたスピードで最下位を免れると、圧巻だったのは2種目目のボルダリングだ。第1課題を最初のトライでクリアする“一撃”で突破すると、第2課題も完登。今大会を含め、今季5戦全敗だったガルンブレトを上回り、同種目で1位になった。「今季一番いい登りができた。ボルダリングで1位を獲れたことがうれしい」。過去、W杯年間女王に4度輝いたプライドを持つ種目が、五輪への道を切り開いた。

 15年に左足を痛めた影響で思うような動きができなくなり、現役引退が脳裏をよぎった16年8月。スポーツクライミングの東京五輪での実施が正式に決まると同時に、覚悟も決まった。「東京で引退する」。五輪切符が懸かる最後の世界選手権。「今回、代表に決まらなかったら諦める考えもあった」。今後の五輪予選には出場せず、引退に追い込まれる可能性もあった大一番。これまでのキャリアを全て注ぎ込んで、表彰台にたどり着いた。

 東京五輪は20年8月5日に女子予選、同7日に決勝が行われる。「あと1年、クライミングを続けられるのがうれしい。ここから1年は金メダルを目指して必死に頑張っていきたい」。黄金のフィナーレに向かって、残された時間を全力で駆け抜ける。 

 ▽複合 スピード、ボルダリング、リードの3種目で争う。各種目の順位を掛け合わせた数字が少ない方が上位。予選は20人で実施し、スピードは2本登ってタイムが速い方を採用し、ボルダリングは4課題。8人が進出する決勝はスピードはトーナメント戦で順位を決め、ボルダリングは3課題。リードは予選、決勝ともに1課題。20年東京五輪も同じルールで行う。

 ◆野口 啓代(のぐち・あきよ)
 ☆生まれとサイズ 1989年(平元)5月30日生まれ、茨城県出身の30歳。1メートル65、49キロ。
 ☆実家 牧場を経営。子供の頃は牛に乗ったり、木登りをしていた。牛舎の屋根の上で遊んだことも。
 ☆競技開始 小学5年の時、旅行先のグアムでフリークライミングを体験し、帰国後に本格的にクライミングを始める。
 ☆主な実績 世界選手権初出場の05年にリードで銅メダル。ボルダリングW杯では09、10、14、15年に年間女王。同種目のW杯通算21勝は歴代2位。
 ☆好きなアスリート フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん。「技や体を極めないといけないところがクライミングに似ている」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年8月21日のニュース