サニブラウン 2カ月ぶり実戦へ!スペインでの国際競技会にエントリー

[ 2019年8月21日 05:30 ]

 今月25日にマドリードで行われる陸上の国際競技会で男子100メートルのエントリー選手が20日までに発表され、世界選手権(9月27日開幕、ドーハ)代表で9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が6月の日本選手権以来、約2カ月ぶりのレースへ臨むこととなった。

 サニブラウンは200メートルとの短距離2冠を果たした日本選手権後に背筋と太腿裏の痛みを訴え、400メートルリレーに出場する予定だった7月のダイヤモンドリーグ第10戦を欠場していた。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)もエントリーしている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月21日のニュース