五輪連覇のレジェンド林丹、2回戦敗退の波乱 桃田に追い風 バド世界選手権

[ 2019年8月20日 18:54 ]

バドミントン世界選手権第2日 ( 2019年8月20日    スイス・バーゼル )

 各種目の1、2回戦が行われ、男子シングルス2回戦で世界ランク17位の林丹(35=中国)が同30位のインド選手に2―1(11―21、21―13、7―21)で敗れる波乱があった。

 林丹は同種目で08年北京、12年ロンドン五輪を連覇し、世界選手権も5度制しているレジェンド。順当なら世界ランク1位で大会連覇を狙う桃田賢斗(24=NTT東日本)と3回戦で対戦するはずだっただけに、桃田にとっては追い風となりそうだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月20日のニュース