HKTみくりんがユニーク方言紹介“覚えなっせ” 女子ハンド世界選手権11・30地元熊本で開幕

[ 2019年8月20日 05:30 ]

色紙に「がまだすばい熊本!」と記した田中美久
Photo By スポニチ

 今秋に熊本県の3市5会場で開催される「女子ハンドボール世界選手権」ファンサイトの「くまモンハンド部マネジャー」で「熊本2019応援大使」を担うアイドルグループ「HKT48」のみくりんこと、田中美久(みく、17)が個性的な熊本弁ベスト3を厳選し紹介。ぜひ、覚えなっせ(なさい)――。

 ≪1位≫がまだすばい! 「私が総選挙で選抜入りしたときにスピーチした言葉なんですが“何てー?”と聞き返されました。“頑張るぞ!”“頑張ります!”の意味です。まさに、おりひめジャパン、がまだすばい!です」

 ≪2位≫こぎゃん、そぎゃん、どぎゃん 「語尾に○○ぎゃん、○○にゃん、をよく使います。こぎゃんせなん(こうしないと)、そぎゃんよ(その通りよ)、どぎゃんすると(どうするの?)など、よく使います」

 ≪3位≫だご○○ 「英語で言う“very”、博多弁でいう、“ばり”“凄く”の意味ですね。小学生の頃によく“だごきちー(とても疲れた)”とか言っていました」

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月20日のニュース