HKTみくりん、あふれる郷土愛“がまだすばい!” 女子ハンド世界選手権11・30地元熊本で開幕

[ 2019年8月20日 05:30 ]

大会を応援するHKT48の田中美久(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 熊本出身のハンドボール推しアイドル“みくりん”が、故郷への愛を語った。「女子ハンドボール世界選手権」は、今秋に熊本県の3市5会場で開催される。11月30日の開幕まで20日で103日となる。大会ファンサイトの「くまモンハンド部マネジャー」で「熊本2019応援大使」を担うアイドルグループ「HKT48」の田中美久(みく、17)はSNSを通じて大会をアシスト中。“熊本あるある”や熊本県のお勧め観光スポットなどを紹介してくれた。

 ――今年5月に大会を盛り上げるファンサイト「くまモンハンド部」のマネジャーに就任。現在、どのような活動をしている?

 「1人のアイドルとしてSNSを通じた発信は負けないと思っています。ツイッターや生配信だけでなく、6種類のSNSやモバイルサービスを駆使し、ハンドボールや大会を知らない方にも開幕までに、たくさん拡散していこうと思っています」

 ――8月には、女子ハンドボール世界選手権とラグビーW杯の2つの国際スポーツ大会PRや熊本地震からの復興をアピールする熊本市の「熊本2019応援大使」にも任命された。こちらの活動とは。

 「世界大会が熊本で2つもある。そして熊本城の復旧や熊本城ホールの開業など、復興が進む熊本をPRさせていただいています」

 ――現在はHKT48の拠点、福岡県に在住だが、熊本で生まれてから12年間育った。熊本の魅力や県民の魅力とは。

 「皆さん、地元愛が強いです。HKT48のファンの方でも“私も熊本出身です”と言ってくださって応援してくださいます。熊本愛が凄いんです。あと熊本県民の皆さんは意志が強い方が多く、ぶれない性格の方が多いように感じます」

――田中さんが思う“熊本あるある”は?

 「私だけかもしれませんが、郷土料理に「太平燕(タイピーエン=白湯スープに春雨を麺にした中華料理)」があるんですが、全国区の食べ物と思っていた人は多いはずです。あとは「あとぜき(=扉やドアを開けたら閉める、という熊本弁)」も全国で使えると思っている方も多いのではないかなと思います。そして、蛇口をひねれば出てくる水道水がおいしいのも、水の都・熊本ならでは。私はミネラルウオーターなどはあまり買って飲んだりしませんでした」

 ――大会は11月末から始まる。開催期間中にぜひ行って見て欲しい!という熊本県のお勧め観光スポットは。

 「阿蘇山の大観峰は、とても景色がきれいで、菊池渓谷(菊池市)はエメラルドグリーンの水が凄くきれいなんですよ。あとは、熊本市内にある江津湖(えづこ)はいいお散歩コースですし、繁華街の上(かみ)通り、下(しも)通り、復旧が進む熊本城にも、ぜひ行ってほしいです」

 ――日本代表1次リーグ限定のオリジナルデザインチケット「田中美久くまモンハンド部マネジャー就任記念特別チケット」も販売中ですね。改めてハンドボールの魅力を教えてください。

 「誰もが親しみやすい、楽しめるスポーツだと思います。やっていて、人と人との距離が縮まる。すぐにプレーをして仲良くなれると思います。大会本番に向け、全力で応援し熊本を盛り上げていきたいと思います」

 ≪みくりんマネジャー「部員」募集≫◇くまモンハンド部 大会開幕まで300日となった今年2月3日に熊本国際スポーツ大会推進事務局のファンサイトが開設され、キャプテンをくまモンが務め、田中美久マネジャーと熊本愛、ハンド愛にあふれる新入部員を募っている。入部方法はホームページなどからフェイスブックに入り「いいね」ボタンを押すだけ。「(1)ハンド経験不問」「(2)にわかファン大歓迎」「(3)本番に向けて温泉で肩を温め、馬刺しと赤牛でスタミナ増に努めよ」「(4)光陰ハンドボールの如し。見たいと思ったら即チケット手配を」などユニークな会則となっている。

 ◆田中 美久(たなか・みく)2001年(平13)9月12日、熊本県生まれの17歳。小学6年生でオーディションに合格。HKT48のチームH所属の3期生。指原莉乃の卒業後のHKT48をけん引する一人と期待され、12枚目シングル「意志」では指原や松岡はなとともにフロントを務める。愛称は「みくりん」。幼少期は水泳に打ち込んだ。特技はフラフープでダンス好き。趣味は映画観賞。身長1メートル51。血液型B。

 ◇女子ハンドボール世界選手権 2年に1度の世界一決定戦。1957年に始まり、日本初開催となる今大会で24回目。2021年の次回はスペインで行われる。最多優勝はロシアの4回。前回のドイツ大会はフランスが制し、日本は16位。優勝国は東京五輪出場権と次回大会の出場権を得る。各地の大陸予選を勝ち上がった24カ国が出場。1次リーグは24チームが4組に分かれ総当たりで争う。各組の上位3チーム(計12チーム)が2次リーグに進出。2組で争われる2次リーグは各組上位2チームが準決勝に進出し、決勝は12月15日に行われる。

 ◇チケット情報 ☆申し込みの流れ (1)公式サイトにアクセス(2019女子ハンドでネット検索)(2)希望チケットを申し込む(3)申し込み完了メール到着(4)コンビニエンスストアで支払い(クレジットカード支払いは自動引き落とし) ☆会場 パークドーム熊本(メイン会場)、アクアドームくまもと、熊本県立総合体育館(熊本市)、山鹿市総合体育館、八代市総合体育館 ☆種類 1日券、会場パッケージ(1次リーグのみ対象)、ホスピタリティーチケット(パークドーム熊本のみ)、ハッピーアワーチケット(平日の全会場、土日の一部会場限定で販売。2試合目以降に入場可能で各会場のファンゾーンで使えるクーポン券付き) ☆問い合わせ先 チケットカスタマーセンター=(電)050(5433)1080

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月20日のニュース